メッセージ

Message

株式会社RMS保険センター
代表取締役岡﨑 稔
保険代理店のサービスを超えて。
企業の本業を支援し、
明日の安心と繁栄をお届けします。

企業を取り巻く環境が激変する今日、さまざまなリスクへの対応が必要となります。弊社では、単なる保険販売に留まらず、リスクを軽減する保険の仕組みづくりに取り組んでおります。その仕組みによるサービスを目に見える形でお伝えするために、「ISO9001」「ISO39001」「OHSAS18001」を日本の保険代理店で初めての認証を取得。また2017年からは、6,800の企業に対して安全運転管理者の研修を受託するなど、弊社独自のサービスを展開しております。交通事故や労働災害に配慮した企業活動は働き方改革にもつながり、適正な掛け金で手厚い保障にご加入いただけるため、現在までに28団体のお客様とお取引をさせていただいております。

保険における流通革命を目前に控え、弊社は広範囲のリスク対応経験を持つ外部委託先(リスクコンサルタント)として、働き方改革をベースに、お客様の本業を支援する仕組みづくりに取り組んでまいります。企業の成長は、社員の成長に比例します。弊社としましても“社員が成長できる環境”を目指し、社員のプライベートを支援したり、花やアートに触れあえる空間をつくるなど、さまざまな工夫を凝らしています。いずれは保険代理店を通じて、社員の成長を促す地方の企業モデルになれればと考えております。

2018年5月には、優良企業の証である銀行保証付無担保私募債が発行されました。現在の従業員数は26名ですが、今後は100名体制への増員とネットワークの拡大を目指し、2021年に新社屋を建設する予定です。明日もお客様に、安心と繁栄をお届けし続ける企業であるために。

Staff Interview

営業事業部
丸山 真史
平日は仕事、休日は水球。
公私ともに充実した日々が、
やる気につながっています。

弊社の営業職は、保険を単に売るのではなく、一個人や一企業に対して自動車事故や火災、ケガ、病気などをトータルにサポートしていく仕事です。お客様のお役に立てたとき、「助かりました」と言っていただけることが、この仕事の醍醐味です。

平日は仕事に没頭していますが、休日は水球のコーチを務めています。私自身、小学4年生から大学4年まで水球の選手をしていました。学生時代の先輩が監督を務める小学生チームにコーチが必要となり、先輩から誘われたのが、コーチになったきっかけです。子どもたちに私の思いがきちんと伝わったとき、子どもたちの成長を実感できたときが、何より嬉しいですね。2017年3月には全国大会で準優勝を果たすことができました。

弊社は、社員の成長を促すための環境づくりを実施しています。全国大会への出場時は年度末の繁忙期だったにも関わらず、1週間も有給を取得することができ、大変有り難かったです。その試合結果が新聞に掲載されたときには、社員の方々から「良かったね」と声をかけられました。仕事と水球をうまく両立できているのも、会社の明解な方針があるからだと思います。

水球では全国大会優勝を、仕事では困ったときにすぐ思い出してもらえる営業マンを目指して、これからも公私共に頑張りたいと思っています。

Staff Interview

企画事業部部長 システム開発兼務
筧田 修敏
新たな前例を作れる、
クリエイティブな部署。
毎日、発見があります。

弊社の部署は、クライアントと折衝を行う営業事業部、保険会社に対する書類作成など営業のサポートを行う内務事業部、事故対応を行うサービスセンター事業部に分かれており、私が所属する企画事業部は社長のビジョンを形にしていく部署です。

ある時は保険会社と折衝してオリジナルの保険を立ち上げたり、それに伴ってデータベースを作成したり、また一方で保険会社のホームページを紹介するバナーを作成したりと、日々前例のない仕事に携わっています。お客様の総合窓口として、お客様と保険会社と営業担当とをつなぐ役割も担っていますが、基本的に固定した仕事はありません。また、弊社では、年に1回、外部講師を招いてオープンセミナーを開催しています。私はその担当でもあり、会場の手配からチラシやアンケート用紙の作成まで幅広く手がけています。

同事業部の魅力は、自分たちで前例を一から作り上げていける面白さがあること。毎日同じ作業の繰り返しではないため、新しい知識や技術を身につけていけます。好奇心の旺盛な方には最適な部署と言えるでしょう。社内は、つねに自分の考えを自由に発言できる空気があり、個人の考えが認められやすいところも特徴。新しいことに能動的にチャレンジできる環境なので、自分で仕事の楽しさをどんどん見つけていけます。